Skip to Main Content

次のステップ


SharePoint Data Protection

SharePoint の
情報リスク軽減

SharePoint のコンプライアンス対策を強化したい

1. お客さまの課題

文書管理用途でのSharePointの利用が進むと、一方で気になりはじめるのが「コンプライアンス対策の強化」です。情報共有と情報リスクは、常に表裏一体です。情報リスクを最小化するために、情報共有の範囲を適度にコントロールすることが求められます。その際によく直面するのは、以下のような課題です。

  • (a) 定められた企業ポリシーの範囲を逸脱する情報共有は禁止したい。
  • (b) 万が一に情報事故が発生した場合は、原因をトラッキングしたい。
  • (c) 原本性保持のために、コンテンツを変更禁止にして保持したい。
2.解決方法

AvePointは、SharePointの運用や活用に特化した製品群を包括的に提供している 「SharePoint特化型ISV」 です。お使いのSharePoint環境にAvePoint製品を追加導入すれば、それらの課題に対して、以下のような木目細やかな対策を打つことが可能になります。

  • (a) キーワードや拡張子でのフィルタリングで、不適切な情報共有をブロック可能になります。
  • (b) 長期間アクセスログを保持し、「いつ」「誰が」「何を」したかを追求可能になります。
  • (c) ホールドを実現し、既存のコンテンツの改竄を禁止することが可能になります。
3.実装製品

統合された管理ツールの中で、お客さまのニーズに合わせてご必要なモジュールだけを選択してご購入し、ご利用いただくことが可能です。「SharePoint のコンプライアンス対策を強化した」 というご要件を満足するためには、以下のモジュールのご利用を推奨いたします。


カテゴリ

モジュール名

必要モジュール

データ保護

バックアップ & リカバリー for SharePoint

 

リストア コントローラー for SharePoint

 

スタンバイ センター for SharePoint

 

サイトごみ箱 for SharePoint

 

管理

管理センター for SharePoint

check mark

レプリケーター for SharePoint

 

アーカイバ for SharePoint

 

コンテンツ マネージャー for SharePoint

 

展開マネージャー  for SharePoint

 

レポート

システム モニター for SharePoint

 

レポート ポイント for SharePoint

check mark

コンプライアンス

コンプライアンス Vault for SharePoint

check mark

監査マネージャー for SharePoint

check mark

リーガル ホールド for SharePoint

check mark

データ移行

アップグレード&移行 for SharePoint

 

パブリックフォルダ移行 for SharePoint

 

ファイルシステム移行 for SharePoint

 

eRoom 移行 for SharePoint

 

LiveLink 移行 for SharePoint

 

Notes/Domino 移行for SharePoint

 

Web サイト 移行 for SharePoint