Skip to Main Content
DocAve Connector

DocAve コネクタ

DocAve コネクタ for Microsoft® SharePoint®

ファイルシェア内のドキュメントおよびメディア コンテンツを、SharePoint 2013/2010 を直接経由して移行せずに表示、管理します。

コネクタを使用することにより、以下の利点を得ることができます。

  • コンテンツ管理を向上:

    権限、ワークフロー、承認、バージョン、全文検索などの SharePoint のドキュメント管理・表示機能をファイルシェア コンテンツに対しても使用できます。
  • 企業内のデジタル資産に対するシングル ポイント アクセスを提供:

    ファイルシェア コンテンツの配信、表示、管理を SharePoint 上で実行することができます。
  • 組織内コンテンツによるコラボレーション:

    ドキュメント、音声ファイル、映像ファイルなど、2 GB を超えるファイルも SharePoint 上で扱うことが可能です。
  • 長期化し、コストもかかる移行プロジェクトを回避:

    ファイルシェア内の大容量コンテンツも SharePoint へ統合することにより、リソースの節約が可能になります。
  • データベース リソースを最適化:

    Microsoft SQL Server® コンテンツ データベースの容量を最適化します。
  • SharePoint ライブラリの展開を自動化:

    完全カスタマイズ可能なソフトウェア開発キット (SDK) を活用し、SharePoint ライブラリの展開を自動化します。

DocAve コネクタをお使い頂くと、ネットワーク ファイルシェアやクラウド ストレージ リソース内のコンテンツを移行せずに SharePoint 上で使用することが可能になります。接続したコンテンツは通常の SharePoint コンテンツと同様に扱うことができます。ファイルシェアと統合してカスタム SharePoint ライブラリを新たに作成することも可能です。

すべてを Microsoft とともに

すべての AvePoint ソフトウェアと同様、DocAve コネクタ for SharePoint では Microsoft に完全サポートされた外部 BLOB ストレージ (EBS)、リモート BLOB ストレージ (RBS) などの手法および API のみを使用しています。

DocAve コネクタのビジネス ケース

SharePoint ファイルシェア管理の重要性について詳しくお知りになりたい方は、AvePoint 製品マネージャー Rebecca Wang によるビジネス ケース ビデオをご覧ください (英語):

SharePoint ファイルシェア管理におけるビジネス ケース (英語)

DocAve コネクタ for Microsoft SharePoint ファイルシェア統合のビジネス上の利点




DocAve コネクタ for Microsoft SharePoint ファイルシェア統合の技術概要

スクリーンショット:

Storage Types

ストレージ タイプ

Central Dashboard

中央ダッシュボード

Inventory Report

インベントリ レポート

DocAve コネクタ for SharePoint のリソース

Case Studies icon

海外導入事例:

その他の海外導入事例はこちら

Guides Resources icon

シナリオ パンフレット :

Solution Briefs icon

ソリューション ブリーフ:

その他のソリューション ブリーフはこちら

White Paper icon

ホワイト ペーパー:

その他のホワイト ペーパーはこちら

User Guides icon

ユーザーガイド:

前バージョンのユーザーガイドはこちら

次のステップ

30 日間無料のトライアル版