Skip to Main Content

DOCAVE POLICY ENFORCER for Microsoft® SharePoint® セキュリティ & ポリシー強化

DOCAVE POLICY ENFORCER: ギミックなし、シンプルなガバナンス。

Policy Enforcer は、SharePoint 環境内で発生する
ポリシー違反のアクションに素早く対応するツールです。
SharePoint Server、Office 365、ハイブリッド クラウドの全環境に対応しています。
Policy Enforcer は SharePoint 環境を継続的に監視し、
ルール違反のアクション対策を実行するツールです。

エンド ユーザーによるアクションすべてに対し、
定義したコンプライアンス ポリシーが適用される環境を
保持することが可能になります。

Policy Enforcer は、SharePoint 環境のセキュリティ・ガバナンス対策に有効なツールです。
権限や構成、セキュリティ設定に対する制御を中央化・自動化し、
より効率的な SharePoint 管理が可能になります。

フィーチャー スポットライト カタログを見る

スクリーンショット ツアーを見る

DocAve Policy Enforcer を利用してできること

Policy Enforcer でルールを設定し、許可されていないユーザーがアクセスできないよう
コンテンツを制限することで、ユーザー アクセス ポリシーが自動的に保持される環境を
維持をすることができます。

登録して AvePoint 特別デモ ビデオを視聴する

登録して AvePoint 特別デモ ビデオを視聴する (英語)

Policy Enforcer を活用することにより、SharePoint 環境全体のブランド戦略や
ユーザー エクスペリエンスを維持すると同時に、
コンテンツに対するルール違反の変更処理などが発生した場合も、
自動的に対応することが可能になります。

登録して AvePoint 特別デモ ビデオを視聴する

登録して AvePoint 特別デモ ビデオを視聴する (英語)

DocAve Policy Enforcer の活用事例

AROUND-THE-CLOCK SHAREPOINT SECURITY

SHAREPOINT 環境に対する常時監視

エンド ユーザーがコンプライアンス違反アクションを実行してしまわないか常に監視するのは、時間の面からもコストの面からも現実的ではありません。ポリシー違反となる操作への対応アクションをあらかじめ設定しておくことにより、SharePoint 内でポリシー違反アクションが起こらないような情報環境をつくり出すことが可能になります。

REAL-TIME RESPONSE TO RULE VIOLATIONS

ルール違反アクションへのリアルタイム レスポンス

SharePoint データ保護をプロアクティブに実行するためには、ポリシーの違反がいつ、どこで発生したのかを即時検知することが必要不可欠です。違反検知ルールを活用して、実行されてはいけないアクションを自動的にブロックし、情報環境に対するコントロールを維持することにより、SharePoint 環境管理をシンプル化します。

MAINTAIN CONSISTENT USER EXPERIENCE

安定したユーザー エクスペリエンスの維持

組織のブランド戦略展開と維持には、大変な時間と労力が必要になります。SharePoint サイトの一貫性を維持し、エンド ユーザーによる勝手なカスタマイズを防ぐには、既定設定に対する変更を自動的に検知するルールを作成することが有効です。

DocAve Policy Enforcer を利用してできること

  • ガバナンス中央化の実現: 統合型インターフェイスを通じ、既存の環境におけるセキュリティ設定や構成を簡単にカスタマイズすることができます。オンプレミス・Office 365・ハイブリッド クラウド環境など、多様な SharePoint の使用形態に対応しています。
  • ポリシー違反対応の効率化: Policy Enforcer プロファイルを事前にカスタマイズしておくことで、機能や権限、設定に対する未許可の変更を、発生した瞬間に自動的に修正することが可能になります。
  • 管理ガイダンスの活用: オンプレミス環境の構成・セキュリティ・管理構成を、構成可能な 54 件のルールで制御します。これらのルールは、AvePoint が 15,000 社以上の顧客に対してコラボレーションのノウハウを提供してきた経験に基づき、作成したものです。
  • ポリシー・ルールの構成: AvePoint が提供するソフトウェア開発キット (SDK) を活用して独自ルールを作成し、40 種類以上のイベント トリガーを構成することで、変化し続ける情報アーキテクチャに合わせたカスタマイズが可能になります。

お客様事例

AvePoint ソフトウェアを使用されているお客様の実体験をご確認ください。