Skip to Main Content

データ ディスカバリー WITH AVEPOINT COMPLIANCE GUARDIAN

データ ディスカバリー

メタデータとメタデータ コンテンツに対するスキャンおよび分析により、不適切なコンテンツのブロックや、最重要データの保護など、各ファイルの性質や重要度に応じた分類・保護が可能になります。組織の IT 環境を継続的にモニターし、データの識別とレビューを実行します。プライバシーやアクセス権限への潜在的な違反が検知された場合にはアラートを送信し、高額な違反金・過料の発生を未然に防止します。

製品カタログはこちら

技術概要はこちら

スクリーンショットはこちら

AVEPOINT COMPLIANCE GUARDIAN を利用して IT 管理者ができること

SharePoint・ファイル サーバー・データベース・Office 365 といった各種プラットフォームすべてを対象に、情報セキュリティが適切に守られる環境を構成します。Compliance Guardian は、スキャン・レポート作成・問題解決ソリューションをすべて含んだワンストップ ソリューションです。また、AvePoint Compliance Guardian は、閲覧者に関係のある問題のみをピックアップして表示するレポート作成機能とダッシュボード機能を備えています。発生した問題に応じて適切な担当者に対策が促されるため、迅速な問題の解決が可能になります。

AVEPOINT COMPLIANCE GUARDIANがカバーするデータ ディスカバリー機能

Data Identification

データ内容検知

法律で扱いが定められたデータと機密データをスキャンで検出し、罰金や過料などが発生する前にデータ流出を食い止めます。スキャンはスケジュールを設定して実行することも、リアルタイムで実行することも可能です。SharePoint・ファイル サーバー・データベース・Web サイト・アプリ・Web ベースのシステム・クラウド・企業内 SNS (Lync・Yammer) などの情報プラットフォームに、データがどのように保管され、どのような頻度でアクセスされているかなどの情報を総合的に判断してレポート化・通知送信・分類を実行し、各ファイルに適切なレベルの保護を適用します。

SharePoint Analysis

SHAREPOINT 環境分析

作成されるコンテンツの数が増加するにつれ、各コンテンツの 「寿命」 も短くなっていきます。現在最重要ファイルとして扱われているコンテンツが、来年も同じくらい重要であるという保証はどこにもありません。環境に不要な情報が乱立すれば、必要とする情報をすぐ見つけることができないことによるエンド ユーザーへの不便・不利益はもちろんのこと、IT チームやコンプライアンス担当者がポリシー違反や不正アクセスを防止することが難しくなるという事態も発生します。AvePoint Compliance Guardian は、各ファイルのコンテンツをスキャンし、機密レベル・所有者・用途などの詳細情報を検証することにより、SharePoint 内ドキュメントの保護・管理をどのように実行するべきかについて、組織が適切なプランを策定することが可能になります。

File Analysis

ファイル内容分析

組織の持つ複数のプラットフォーム内に存在する非構造化データを分析・内容定義を実行することにより、データに取り扱い優先度をつけ、データを的確に整理整頓することができます。重要ドキュメントのバックアップ実行時の SLA 算定から記録保持に関するルール設定まで、AvePoint Compliance Guardian は組織が持つデータの整理と最適化を実現し、コラボレーション プラットフォームが最良の方法で活用される環境を維持します。

AVEPOINT COMPLIANCE GUARDIANが提供する主なデータ ディスカバリー機能

  • ファイル タイプ・作成からの経過時間・サイズ・所有者・ファイルの置き場所・機密度等の指標を使用してマッピングし、場所別・違反タイプ別のリスク指標を算出
  • 組織のファイルで発生するプライバシー/情報セキュリティ ポリシーへの違反を検出し、ロール (役割) や所有者別にアサインを実行することにより、責任区分の明確化とデータの見える化を実現
  • セキュリティ トリミングや危険度・場所別の集中度を組み入れたレポートを生成し、リスクのヒートマップを作成。最も適切な人員が問題解決に的確な情報を得、迅速に問題に対処することができる環境を構成
  • 一般的な記録管理関連ルールのほか、国際武器取引規制 (ITAR)・米国輸出管理規則 (EAR) の厳しい要求にも合格した正確なデータ識別能力を装備
  • 特定のタイプの情報やドキュメントを誰が閲覧・編集・ダウンロード・共有できるかを正確に把握し、不適切なアクセスをレポート インターフェイスから直接修正
  • 機密情報を含むファイルに誰がアクセスしたか・修正したかのデータを閲覧することにより、ファイルの履歴を完全に把握。データ流出の有無の他、流出のレベルまで推測することが可能

COMPLIANCE GUARDIAN 関連資料